step.3 媒介契約

正式に売却を依頼することになったら、売主様と当社で媒介契約を締結します。

3種類の媒介契約

不動産会社が積極的に調査や広告宣伝をしなければ、スピーディな売却は難しいので、消費者保護の観点から、不動産会社の義務と報酬を明示した媒介契約を書面で結ぶことが、不動産会社に義務づけられています。

媒介契約には3種類があります。

  • ① 不動産会社による不動産流通標準情報システム(東日本レインズ)への登録 
  • ② 売主への状況報告
  • ③ 売主の自己発見取引

について違いがあります。
賃貸では「一般媒介契約」もありますが、売却では1社のみに依頼する「専属専任媒介契約」または「専任媒介契約」 が一般的です。標準的な契約有効期限は3か月です。

責任をもって売主をサポート

WES-T建物診断をご利用の場合は、住宅診断や瑕疵保険の手続きも含めて、責任をもって売主をサポートするために、「専属専任媒介契約」または「専任媒介契約」を結んでいただきます。

媒介契約は成功報酬

売主は媒介契約を結んだことにより、売却する義務を負うわけではありません。仲介手数料は成功報酬なので、もし、売却できなかったときや、売却を断念したときは、仲介手数料の支払いは一切ありません。
売主にとっては、先行する費用負担が少ないので安心して契約できます。

→ step.4 WES-T 建物診断へ

査定のご依頼、又は、ご質問などございましたら下記までご連絡ください。

お電話でのお問い合わせ

0120-063-630

受付時間:9:00~20:00(年中無休)

インターネットからの査定のご依頼

WEBフォームからのお問い合わせ

ご不明な点はこちらからお問合せください。